弊社が行う主な工法

FFT-S工法

FFT-S工法(Field Fabricated Tube-Steam Method)は、特殊ライナーに硬化性樹脂を含浸させた材料を既設管きょの中に引込み蒸気で硬化させることで、強度がある平滑なFRPパイプを形成し管きょをリニューアルする工法です。下水道管きょの整備は日々進み、全国的に下水道普及率が向上している一方で、老朽化などで破損や劣化した下水管きょも増えています。このため、計画的な改築・修繕を行い延命化することが必要になっています。しかし、水道、ガス、電力、通信などのライフラインが輻輳していることや交通障害を考慮すると開削による布設替えは困難な状況です。そこで、これらの問題を解決するために、非開削による管更生工法『FFT-S工法』が開発されました。

シームレスシステム工法

シームレスシステム工法は、既設管内にシームレスライナーを引き込み、空気圧によって拡径して既設管内面に密着させた状態で特定の波長の光を管口から直に照射して樹脂を硬化させる形成工法です。

適用管種:塩ビ管、ヒューム管、陶管、鋼管、鋳鉄管等
適用管径:本 管…φ200mm~φ800mm(自立管φ200mm~φ600mm)

耐酸性ガラス繊維と光硬化性不飽和ポリエステル樹脂で構成。
工場排水等の場合には耐アルカリ性のライナーも製造可能。

工事の流れ

神戸クリーナー興業株式会社が主に行う業務の大きな流れを説明したいと思います。

清掃

管渠清掃、暗渠清掃、側溝清掃などまずは今までに溜まりに溜まった汚れを綺麗に落とします。

ここで手を抜いてしまうと後の調査に見落としなどが発生する恐れが出てきてしまうためここは入念に作業を行います。

清掃作業③
次へ

調査

技術の進歩が著しく最近では主に自走式テレビカメラを使用しての調査がメインとなってきております。カメラの口径によって様々な形の自走式テレビカメラが存在し、他にも細かいところは手動で行う必要があり、取付管カメラやサテライトカメラ等を使用します。

TVカメラ調査工②
次へ

補修

調査で発見した破損個所の補修を行います。

補修には様々な工法があり、破損個所の場所や状況により使い分けます。全線ライニング工、部分ライニング工、取付管ライニング工、ます改良工などがあります。こちらも時代の流れで最新の技術は常に更新されています。

補修工①